シルバーアクセサリーに関する用語集、RI、り、の項目。

シルバーアクセサリー用語集

シルバーアクセサリーの用語集です 調べたい用語の頭文字をクリックしてください。

リーマー

リング状のワックスの内径を削る道具。 


リペア

リングのサイズ直しや、切れたネックレスのチェーンのロウ付け、 パールネックレスの糸替え、 刻印の打ち直し、爪がゆるんだ石の留め直しや傷ついた表面を磨き直す新品仕上げ、などなど商品購入後のアフターケアのこと。


リヴァースインタリオ

クリスタルを半球状にカボッションカットし、底部の平面の部分にインタリオ状にデザインを彫り、その」周りの部分に彩色してデザインを描いたもの。


リューター

ワックスや金属を削る道具。彫金には必須の工具、なるべく力(トルク)の強いものが好ましい。

サイト内検索項目
サイト内検索TOOLページへ

硫化

空気中の硫化水素や温泉に含まれる硫黄成分と反応して、表面に硫化銀という皮膜を作る銀(シルバー) 製品に特有の現象。この性質を利用してわざとシルバーアクセサリーを黒く変色させる表面処理(テクスチャー) を燻し仕上げ(古美仕上げ)という


粒金(りゅうきん

グラニュレーションとも言う。金の板の表面に金の微小な粒を並べて模様を描く技法のこと。古代のエトルリア人が多用した技法で技術的には極めて難しい。


リング

元来は輪の事を指すが、ジュエリーの世界では指にはめる指輪の事。指輪はネックレス、ブレスレットの後に誕生したといわれ、有名なものでは紀元前3000年前の古代エジプトで使われたスカラベが付いたデザインのものなどがある。


ニズムターコイズでアクセサリーに使用するシルバ(銀)ーについて

ニズムのシルバーアクセサリーはシルバー925で製作されています。シルバー925とは、一般的にスターリングシルバーとも呼ばれ特にアクセサリーなどの制作で好んで使われる素材です。純銀[シルバー1000]はとても柔らかく、銅などの金属を7.5%ほど混ぜてアクセサリーに耐えうる強度としたもので一般的には[純銀]として扱われています。 シルバーの愛すべき性質は空気に長く触れていると”硫化”して[イブルなどといいます]表面をなんともみりょくてきな表情にしてくれます。私達の愛してやまないシルバーアクセサリーの魅力はまさにここに尽きると思うのです。⇒シルバー925の話

ニズムターコイズでアクセサリーにセットするトルコ石(ターコイズ)は。

特にインディアンジュエリーや手作りアクセサリーで強い存在感を与えるトルコ石(ターコイズ)はその鉱脈によってさまざまな名前で呼ばれます。世界中[アメリカ大国は勿論の事、中東、中国、オーストラリアなど]で採掘され,種類は100種類を超えます。ニズムはそのほとんどを年に1、2度、米国で買いつけてきます。ニズムでシルバーアクセサリーにセットするトルコ石(ターコイズ)は、[スリーピングビューティー、ターコイズマウンテン]、マトリクス(模様のことです)では[ターコイズマウンテン、#8]を中心に削りだしています。ちなみにシルバーアクセサリーでは中東あたりのターコイズ、インディアンジュエリーにはアメリカ(北米)のターコイズがベストだと思われます。⇒トルコ石(ターコイズ)の話

同じように見えるシルバーアクセサリーが何故こんなにも値段が違うの?答えは簡単で、大量生産されるアクセサリーと手作りアクセサリーの違いなのです。手作りに関しての理解を深めて頂きたく[手作りシルバーアクセサリー講座]が登場しました、ニズムで購入されたあなたの作品はこうやって制作されています。 是非覗いてみてください。画面をクリック!