シルバーアクセサリーに関する用語集、RO、ろ、の項目。

シルバーアクセサリー用語集

シルバーアクセサリーの用語集です 調べたい用語の頭文字をクリックしてください。

ロウ付け

金属同士を(金属の)ロウを使い、熱で接合すること。シルバーアクセサリーではシルバー同士、シルバーと金などを労を使って”くっつける”のである。

サイト内検索項目
サイト内検索MAKINGページへ

ロケット

ペンダントのバリエーションのひとつ。ふたが付いていて、中に写真を入れておけるもの。


ロジウムメッキ

プラチナ、ホワイトゴールド、シルバーなどのジュエリーを酸化や傷から守るために、ロジウムという金属をメッキすること。


ローズクォーツ(紅水晶)

Rose Quartz  ピンク色の石英。硬度7


ローズカット

ダイアモンドのカットの1つで、通常は底部が平面の山状であり山の部分に多くのファセット面をカットする。17世紀にオランダで作られたと言われるが、おそらくインド伝来のカットだろうとも言われている。 


ローラー

地金(シルバーやゴールドなど)の厚さを変える機械。圧延に使用。


ロストワックス製法  

ワックスを原型にして金属の製品を作ること。この場合、原型には湯道と呼ばれる湯を注ぎ込む棒状のものを付けておく。原型ができたら容器の中へ入れ石膏で満たす。その容器ごと電気釜で熱すると埋め込んだワックス原型が溶けてなくなる。(ロストワックス)最終的には石膏の型ができそこへ溶けた金属を流し込んでモノが完成する。歯科では、ゴムで型取りし採取した歯型をこの方法で金属の歯やかぶせものの歯として制作している。ワックス原型から、量産のキャストを行う場合ロストワックス製法で作ったものを原型とする。

サイト内検索項目
MAKINGロストワックスのページへ

ロジウムメッキ

プラチナやホワイトゴールド、シルバーなどのジュエリーを酸化や傷から保護する為に、プラチナに似た輝きを放つロジウムの薄膜で覆うこと。


ニズムのシルバーアクセサリー、インディアンジュエリー制作について

ニズムで制作されるシルバーアクセサリーは、販売時より35年以来、トルコ石(ターコイズ)の選定、削りだしなどを含め、手作りで作り上げられています。インターネットでご注文になれましたシルバーアクセサリー、インディアンジュエリーもニズムの職人だけの手により一切の外注なしでお客様に届けられます。(トルコ石[ターコイズ]は直接北米にて買い付けを行っています)製作されたシルバーアクセサリーは厳しい検査の後お客様に発送されます。そのため御注文より発送まで少しの時間をいただくことを御理解ください。ジュエリーによりますが10日前後余裕を持ってご注文をお願いいたします。詳しくは”確認メール”にてお知らせいたします

ニズムターコイズでアクセサリーに使用するシルバ(銀)ーについて

ニズムのシルバーアクセサリーはシルバー925で製作されています。シルバー925とは、一般的にスターリングシルバーとも呼ばれ特にシルバーアクセサリーの制作で好んで使われる素材です。純銀[シルバー1000]はとても柔らかく、銅などの金属を7.5%ほど混ぜてアクセサリーに耐えうる強度としたもので一般的には[純銀]として扱われています。 シルバーの愛すべき性質は空気に長く触れていると”硫化”して[イブルなどといいます]シルバーの表面をなんともみりょくてきな表情にしてくれます。私達の愛してやまないシルバーアクセサリーの魅力はまさにここに尽きると思うのです。⇒シルバー925の話