アクセサリーに関する用語集、わ、項目。シルバージュエリーのニズム

シルバーアクセサリー用語集

シルバーアクセサリーの用語集です 調べたい用語の頭文字をクリックしてください。

ワイヤーワックス

ワイヤー状になっているワックス。太さに種類がある。


Y字

ネックレスの一種で身につけ前から見るとYの字になっている事が語源。カトリックのロザリオが代表的。


脇石

中石の周囲などに散りばめられる主ではない石。


ワックス

ワックス

アクセサリーの原型を作るために使われるロウの事。ロウソクに使われるパラフィンや蜂の蝋、ジュエリーや歯科用に開発されたものやソフト・ハード・リング用のチューブなど様々な種類がある。シルバーアクセサリー制作でも欠かせないものであるといえる。

サイト内検索項目
サイト内ワックス制作過程ページへ

ジュエリーのシルバーやゴールドなどで制作される金属部分。


枠留め

薄い板状の地金で、宝石の外周をぐるりと囲んで留める方法。 


和彫り

地金(シルバー、ゴールドなどのこと)に彫刻する際の和風の技法


割金(わりがね)

貴金属を加工する際、加工を容易にしたり強度や色を持たせる目的で混ぜる金属。


椀かけ

浅い盆やザルに砂利を入れて水中でゆっくり動かしながら軽い砂などを水で洗い流し、目的の鉱物や宝石を比重差によってより分ける方法。砂金を取るのにもこの方法を使う。


ニズムターコイズでアクセサリーに使用するシルバ(銀)ーについて

ニズムのシルバーアクセサリーはシルバー925で製作されています。シルバー925とは、一般的にスターリングシルバーとも呼ばれ特にアクセサリーなどの制作で好んで使われる素材です。純銀[シルバー1000]はとても柔らかく、銅などの金属を7.5%ほど混ぜてアクセサリーに耐えうる強度としたもので一般的には[純銀]として扱われています。 シルバーの愛すべき性質は空気に長く触れていると”硫化”して[イブルなどといいます]表面をなんともみりょくてきな表情にしてくれます。私達の愛してやまないシルバーアクセサリーの魅力はまさにここに尽きると思うのです。⇒シルバー925の話

同じように見えるシルバーアクセサリーが何故こんなにも値段が違うの?答えは簡単で、大量生産されるアクセサリーと手作りアクセサリーの違いなのです。手作りに関しての理解を深めて頂きたく[手作りシルバーアクセサリー講座]が登場しました、ニズムで購入されたあなたの作品はこうやって制作されています。 是非覗いてみてください。画面をクリック!