アクセサリー制作用語集、(ま)の項目、シルバージュエリーのニズム

シルバーアクセサリー制作用語集

シルバーアクセサリー制作用語集です 調べたい用語の頭文字をクリックしてください。

マイクロメーター

マイクロメーター

ノギスよりもさらに精密に100分の1ミリまで地金板の厚みを計測できるメーター。


マーキースカット

楕円形の上下の端を尖らせた舟型のカット形式。


マーキング(石の研磨)

様々な形をした石を手に取りじっくり眺め、これから制作するジュエリーの仕上げを頭に描いて、どこをどう削りだしてゆくかじっくり考えるとても楽しい時間をすごせる作業。


埋没材

wax3_6.jpg(4370 byte)

金属をキャスト(鋳造)する時の鋳型を作る材料。この中にワックスを埋め込んで型取りをする。一次埋没材と2次埋没材  と粒子の細かさでわけて使用することもある。1つあるいは少量を埋没する場合、一次埋没材をはけなどで塗り固まった後2次埋没材で覆うのである。

サイト内検索項目
サイト内検索、ロストワックスページへ

マウンティング

宝石を石留めしないジュエリー、もしくは石留めする前の段階までジュエリーを製作すること。


マス留め

宝石の周囲を四角に区切り、 爪になる部分を残して内側を削り落として留める彫り留めの一種。形が枡に似ていることからこう呼ばれる。マス留めが連なったものを連マスともいう。 メレ石を規則的に並べたジュエリーに用いられる留め方。


マット仕上げ

つや消し仕上げ 


丸彫りタガネ

角毛彫りタガネを丸めた形を丸彫りという。けり彫りの次はこのタガネのほうがやりやすいといえる。


万力

万力

地金を固定させたり、線引き版を固定させたり、使い方は色々ある、タガネを作る、また打つ時などかなり大きな万力が必要になることもある、特に小さな物を加えるにはハンドバイスと呼ばれる手で握って固定する物を使う。


ニズムのシルバーアクセサリー、インディアンジュエリー制作について

ニズムで制作されるシルバーアクセサリーは、販売時より35年以来、トルコ石(ターコイズ)の選定、削りだしなどを含め、手作りで作り上げられています。インターネットでご注文になれましたシルバーアクセサリー、インディアンジュエリーもニズムの職人だけの手により一切の外注なしでお客様に届けられます。(トルコ石[ターコイズ]は直接北米にて買い付けを行っています)製作されたシルバーアクセサリーは厳しい検査の後お客様に発送されます。そのため御注文より発送まで少しの時間をいただくことを御理解ください。ジュエリーによりますが10日前後余裕を持ってご注文をお願いいたします。詳しくは”確認メール”にてお知らせいたします

同じように見えるシルバーアクセサリーが何故こんなにも値段が違うの?答えは簡単で、大量生産りされるシルバーアクセサリーと手作りアクセサリーの違いなのです。理解を深めて頂きたく[手作りシルバーアクセサリー講座]が登場しました、ニズムで購入されたあなたの作品(シルバーアクセサリーやインディアンジュエリー)はこうやって制作されています。 是非覗いてみてください。画面をクリック!