アクセサリー制作用語集、項目(お)、シルバージュエリーのニズム

シルバーアクセサリー制作用語集

シルバーアクセサリー制作用語集です 調べたい用語の頭文字をクリックしてください。

オーバーレイ

オーバーレイ

シルバーを2枚を重ねて模様を浮き立たせる技法 動物、植物、空、水などの自然への崇拝心がとても強く、ベア、ココペリ、ヴィレッジ、スネーク、スコーピオンなどのモチーフを多用した作品が多い。そのシルバーアクセサリーには、彼らの自然崇拝や独自の宇宙観精神(スピリット)が宿っていると信じられている。

サイト内検索項目
サイト内ココペリのページへ

オパール ダブレット

オパールの薄片に他の物質を張った、張り合わせ石(アセンブルド ストーン)。


オーブン

オーブン

ロストワックスにおいては、フリスコに形成されたワックスを埋没財で埋没した後、ワックスを完全に焼き、消滅させるために高温で熱する、700度ほどで完全に燃焼するが750度を超えると石膏などにクラックが入る元にもなるので温度には注意が必要である。


王水

金を溶かすことのできる唯一の液体。強硝酸1と強塩酸3の割合の混合水。


オキシデーション仕上

→いぶし仕上げ


おたふく槌

小槌の中でも良く用いられる4分ぐらいの小さな金槌、微妙なうち具合をタガネに伝えるために柄の自分に合わせて加工して使うことが多い。


朧銀(おぼろぎん)

シルバー地金の表面を荒らしてつや消し・マットに仕上げたもの。四分一の地金もこう呼ぶ。


オリエンテーション

宝石のカット・研磨の際に、色や透明度など宝石の持つ魅力を最大限に引き出すよう原石からの石取り方向を決めること。宝石のカットや形は結晶の軸方向と密接な関係があり、宝石を一番美しく見せようとすると宝石の種類によってある程度カットの形というのは決まってしまう。例えば、エメラルドといわれて思い浮かべるあの形(エメラルドカット)も、結晶の形や軸、歩留まりなどから考えると必然的に導き出される形なのである。


ニズムのシルバーアクセサリー、インディアンジュエリー制作について

ニズムで制作されるシルバーアクセサリーは、販売時より35年以来、トルコ石(ターコイズ)の選定、削りだしなどを含め、手作りで作り上げられています。インターネットでご注文になれましたシルバーアクセサリー、インディアンジュエリーもニズムの職人だけの手により一切の外注なしでお客様に届けられます。(トルコ石[ターコイズ]は直接北米にて買い付けを行っています)製作されたシルバーアクセサリーは厳しい検査の後お客様に発送されます。そのため御注文より発送まで少しの時間をいただくことを御理解ください。ジュエリーによりますが10日前後余裕を持ってご注文をお願いいたします。詳しくは”確認メール”にてお知らせいたします

同じように見えるシルバーアクセサリーが何故こんなにも値段が違うの?答えは簡単で、大量生産りされるシルバーアクセサリーと手作りアクセサリーの違いなのです。理解を深めて頂きたく[手作りシルバーアクセサリー講座]が登場しました、ニズムで購入されたあなたの作品(シルバーアクセサリーやインディアンジュエリー)はこうやって制作されています。 是非覗いてみてください。画面をクリック!