アクセサリー制作用語集、項目(う)、シルバージュエリーのニズム

シルバーアクセサリー制作用語集

シルバーアクセサリー制作用語集です 調べたい用語の頭文字をクリックしてください。

ヴァリサイト

ヴァリサイト

バリッシャー石。色味と質は、グリーンのトルコ石に似ています。  部分的に、グレーの「ふ」が入りますが、色鮮やかにゆでたエダマメのようなキュートな色とつやです。トルコ石と間違う人も少なくないがトルコ石とは全くの別物


ウィーノール

シルバーアクセサリーの仕上げに使い磨きをかけ光沢をだすためのか研磨剤、クロスに薄く塗りこみ強く拭くことにより配合された研磨剤がシルバーの表面を磨き光沢を出す。


ウェザーリングフロア

キンバリー岩は比較的風雨の浸食を受け易い。そこで、ダイアモンドの採掘が南アフリカで開始された当初(19C後半-20C前半)は、浸食を受けていないキンバリー岩は1年ほど放置し、浸食により脆くなるのを待って採掘した例もある。このような手法を用いた鉱床をウェザーリングフロアと呼ぶ。


ウオーターサファイア

ウオーターサファイア

アイオライトの誤称。強い多色性により、フェースアップではサファイアを連想させるヴァイオレットカラーだが、石を観察する角度によってはほぼ無色に、つまり水っぽく見えるため。


打ち出し

金属の薄い板を裏側から打ち出して形を作ったり、柄や模様を浮き出させる金工、彫金の技法。松ヤニなどを入れたピッチボールに金属板を固定し、槌と用途に応じたタガネを様々に使い分けて形や模様を作っていく。


ウォーターウェーブ

ネイティブアメリカン)が砂漠の生活では切り離せない命の源『水』をモチーフにしたものを、ウォーターウェーブと呼びます。 流れるようにシルバーリングにデザインされた人気のデザイン。男女を問わず人気の高いウォーターウェーブのデザインはペアリングとしてもよく用いられます。


ニズムのシルバーアクセサリー、インディアンジュエリー制作について

ニズムで制作されるシルバーアクセサリーは、販売時より35年以来、トルコ石(ターコイズ)の選定、削りだしなどを含め、手作りで作り上げられています。インターネットでご注文になれましたシルバーアクセサリー、インディアンジュエリーもニズムの職人だけの手により一切の外注なしでお客様に届けられます。(トルコ石[ターコイズ]は直接北米にて買い付けを行っています)製作されたシルバーアクセサリーは厳しい検査の後お客様に発送されます。そのため御注文より発送まで少しの時間をいただくことを御理解ください。ジュエリーによりますが10日前後余裕を持ってご注文をお願いいたします。詳しくは”確認メール”にてお知らせいたします

ニズムターコイズでアクセサリーにセットするトルコ石(ターコイズ)は。

特にインディアンジュエリーや手作りアクセサリーで強い存在感を与えるトルコ石(ターコイズ)はその鉱脈によってさまざまな名前で呼ばれます。世界中[アメリカ大国は勿論の事、中東、中国、オーストラリアなど]で採掘され,種類は100種類を超えます。ニズムはそのほとんどを年に1、2度、米国で買いつけてきます。ニズムでシルバーアクセサリーにセットするトルコ石(ターコイズ)は、[スリーピングビューティー、ターコイズマウンテン]、マトリクス(模様のことです)では[ターコイズマウンテン、#8]を中心に削りだしています。ちなみにシルバーアクセサリーでは中東あたりのターコイズ、インディアンジュエリーにはアメリカ(北米)のターコイズがベストだと思われます。⇒トルコ石(ターコイズ)の話

同じように見えるシルバーアクセサリーが何故こんなにも値段が違うの?答えは簡単で、大量生産りされるシルバーアクセサリーと手作りアクセサリーの違いなのです。理解を深めて頂きたく[手作りシルバーアクセサリー講座]が登場しました、ニズムで購入されたあなたの作品(シルバーアクセサリーやインディアンジュエリー)はこうやって制作されています。 是非覗いてみてください。画面をクリック!